東京駅で食べられる海老塩わんたん麺 東京都千代田区東京駅「塩らーめん専門 ひるがお」

どうも段田です。
食べ歩きはこれで4日連続になります。
食べ歩き以外に書けることを増やせるように努めたいのと同時に
食べ歩きはストックがなくなってきたので正直やばいと思っています。

AAスポンサーリンク

東京駅・東京ラーメンストリートにある「ひるがお」

さて、今日は東京駅内にある東京ラーメンストリートから「塩らーめん専門 ひるがお」の
海老塩わんたん麺を紹介します。

なお、東京ラーメンストリートは東京駅内に設けられた
ラーメン屋を集めたフードエリアです。

笑顔と魅力あふれる街、東京駅一番街。東京駅八重洲口に直結。和菓子・洋菓子・テレビやアニメにちなんだ”キャラクターグッズ”などの東京みやげから、飲食・喫茶・ファッション・雑貨など、バラエティーに富んだお店が集結している街です。おいしいラーメンストリート

今回、お店の外観は撮っていないので、さっそく海老塩わんたん麺を見ましょう。

はい、海老塩わんたん麺です。
具は主役の海老わんたんが丼の半分を占め、チャーシュー、メンマ、ネギと上に海老の粉末に四万十川のあおさのり。
あおさのりは食べてた時は岩のりかなと思ってたのですが、公式サイト見たら四万十川のあおさのりって書いてありました。
海苔にまでこだわり半端ないです。

海老わんたんのアップ。
スープに浸透していても中の海老がくっきり。早く食したい!

さっそくスープから飲みました。
あっさりしていて飲みやすいです。
こってり系メインの人には物足りないかもしれません。
粉末溶かして頂くと少し味が変わるので、後半に溶かしていただくのがおすすめです。

そしてチャーシュー。味は濃い目でスープとは対照的でした。
少し炙られていて、噛みごたえがあって美味しいです。

麺は太すぎず細すぎずストレート、食感はツルッとしていて柔らかめで、
あっさりスープに合った麺でした。

そして、メインの海老わんたん。
スープを吸った皮と中身のぷりぷりした海老、
噛んで出てきた海老の旨味が口の中で合わさって大変美味しくいただけました。

実は子供の頃からわんたんが食わず嫌いで食べたことなかったのですが、
お店のポスターの海老塩わんたんの写真に惹かれ、生まれて37年初めてわんたんを食べました。

食べて良かったです\(^o^)/

最後にサイドメニューのモツ飯をいただきました。
僕はラーメンとモツはかなり合うと思うんですけど、こうやってお店で出しているところは少ないですよね。
なので、こうやってモツがあると嬉しいです。

まとめ

というわけで人生初めてのわんたんでした。

東京駅の東京ラーメンストリートは改札通らずに入れますので、
ふらっと行くのも良いですし、旅行前や帰ってきた時に行くのも良いと思います。

ただ、観光客もいますのでかなり混み合います。
そこは注意して下さい。

ではでは〜

萬馬軒
アクセス:JR山手線東京駅八重洲中央口より徒歩1分
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内
URL:公式サイト 食べログ
スポンサーリンク
東京駅で食べられる海老塩わんたん麺 東京都千代田区東京駅「塩らーめん専門 ひるがお」
この記事をお届けした
段田商会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする