【Steam】VRホラー HomeSweetHome 攻略解説実況 第1回 「カッターナイフ持った女性に追われる恐怖」

Featured Video Play Icon

どうも段田です。

久しぶりにホラーゲームの実況を始めました!
しかもVRホラーということで実況する気満々ではあるんですが、
やはりプレイするのは怖くてどうしても億劫になってしまいますね(笑)

それでもプレイしてみたので、是非ともご視聴頂ければと思います。
それでは簡単なゲーム説明と解説を!

【Steam】VRホラー HomeSweetHome 攻略解説実況 第1回 「カッターナイフ持った女性に追われる恐怖」
AAスポンサーリンク

HomeSweetHomeについて

ざっくりHomeSweetHomeの説明です。

発売日:2017年9月27日
機種:Microsoft Windows(Steam)/ PS4(2018年予定)
販売:YGGDRAZIL GROUP CO.,LTD

Home Sweet Home is a first-person horror adventure game based on Thai myths and beliefs. The core gameplay focuses on storytelling and stealth to avoid perilous

タイのインディーズ系デベロッパYggGameが開発した一人称視点のホラーアドベンチャーゲームになります。
タイのゲームというのは失礼ながら珍しいイメージなのですが、恐怖満載のハイクオリティホラーゲームになっていて、
VR対応もしています。現在はSTEAMのみですが、2018年中にPS4へのリリースも予定されているということです。

物語は妻が失踪してしまい、精神的に追い詰められていた主人公ティムが知らない部屋で目を覚ますところから始まります。

ゲーム実況しました

というわけで、ゲーム実況しました。

バイオハザード7以来のVRホラーゲーム実況になります。
やはり怖いゲームというのはそれなりの覚悟が必要でして、プレイするのに気持ち整えるために1時間費やしたのは私がビビりであるからでしょう。

ちなみにプレイ中、あまりにも怖くて30分ぐらい籠城したりで、実際のプレイ時間は2時間ぐらいかかっていました(笑)
無編集は厳しいので、カットしました。

初回プレイの感想ですが、バイオハザード7はバイオハザードの物語に自分自身が入っている感覚だったのに対して、
HomeSweetHomeはお化け屋敷に自分自身が入っている感覚でした。

バイオはプレイヤー自身で攻撃が可能ですが、HomeSweetHomeは逃げることしかできないという特徴の違いがあるのが、
そう感じさせるのかもしれません。(あくまで自分自身の体感の話です)

感覚は違えど、怖さはバイオと一緒です。
個人的には武器が使えない分、プレイ中に不安になる点はHomeSweetHomeが一枚上手かもしれないです。

やっていて思ったのは昔あったホラーゲームの名作「クロックタワー」がVR対応したら、
まさにHomeSweetHomeのような形なのだろうなと。
この系統のゲームが増えてくれることを切に願います。

怖いし面白いからね!

今年中にPS4でも販売されるらしいので、興味ある方は是非!

私のsteamコードは「danda_debu」になりますので、
機会があったら一緒に遊びましょー!

是非良かったらチャンネル登録お願いします!

ではでは〜。