原作を忠実に再現したゲーム! PSVR「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」プレイ感想レビューレポート

どうも「VR豚野郎」段田です。

8月28日にリリースされたPSVR向け「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」をプレイしたので、実況動画とプレイ感想レポートを書きたいと思います。

原作を忠実に再現したゲーム! PSVR「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」プレイ感想レビューレポート

AAスポンサーリンク

カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~について

ざっくりカイジVR ~絶望の鉄骨渡り~の説明です。

発売日:2017年8月28日発売
機種:PlayStation 4(PSVR専用ソフト)
販売:ソリッドスフィア(株)

PlayStation®4ゲームソフト「カイジVR~絶望の鉄骨渡り~」の情報をお知らせしています。

カイジは福本伸行先生の漫画作品で、現在までに「賭博黙示録カイジ」「賭博破戒録カイジ」「賭博堕天録カイジ」「賭博堕天録カイジ 和也編」「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」が出ています。

アニメ化、実写映画化されているので、作品に関しての説明は不要かと思います。

このゲームでは賭博黙示録カイジ内で登場した人間競馬、鉄骨渡りが遊べるようになっています。
何よりもVR専用ゲームなので、没頭感がすごそうです。

ゲーム実況しました

というわけでゲーム実況しました。

動画自体は1時間と長くなっていますが、いつもと違いこの動画でクリアまでやっています。
皆さんのご購入の参考になればと思います。

やってみた感想ですが、

・いい意味でも悪い意味でも原作に忠実である
・絶望の鉄骨渡りはなかなかの没頭感
・地面に転落するところまで描写欲しかった

でした。

まずこのゲーム本当に原作に忠実で、漫画のシーンの全部盛り込んでます。
まさかカイジの回想の精神世界まで再現しているとは思いませんでした(笑)

そして、各キャラの声もアニメの声優を当てているところはかなり良かったです。

これは本当カイジ好きなんだなって、カイジ愛が滲みですぎているゲームでした。

ただカイジ自体セリフ量も多く、心理戦が中心の漫画なので、鉄骨渡っている途中で何度も原作イベントが入るんですね。

これが結構長くてしかもVRで視聴しているので途中で目が疲れてくるんですね。
一応イベントはスキップできるようにボタンが用意されているんですが、

やっぱりセリフは聞きたいじゃないですか

名言製造機のカイジなんですから。

なんで、原作に忠実すぎてゲームブレイクな部分はちょっとあるので、そこだけ要注意かなと。

あと試していないんですが、原作以外の行動はプレイした感じできないっぽい気がします。

例えば石田さん、佐原が死なないようにするとか試してみたいじゃないですか?

でも、基本路線はプレイした感じでは変えれなそうでした。

もしここらへん知っている方いたら教えてほしいです。

そして、VRによる鉄骨渡りの没頭感ですが、こちらはなかなかなものでした。
第一ステージの人間競馬はわりと高さがないなあという感じだったんですが、鉄骨渡りは結構怖かったです。
(人間競馬も原作に忠実な高さだとは思うんですけど)

なんで、だからこそ落ちたらすぐに終わるんじゃなくて、地面に落ちるところまで描写してほしかったなあと思います。
ただそれだとグロくて規制入っちゃうんですかね・・・?

値段は2000円掛からない程度のリーズナブルなので、もしPSVR持っていれば買ってみてはいかがでしょうか?

最後に

レポートは以上になります。

話は変わるんですが、ゲーミングPCを購入しまして、実況環境もガラッと変わりました。
今回のようにクロマキーで自分自身を投影したり、画質を良くしたりとしていくので、今後も楽しみにしていただければと思います。

また、ゲーミングPCですので、PCゲーム(Steam)もやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。

できればPCのVRゲーム制覇していきたいなあと思います。

ではではー

是非良かったらチャンネル登録お願いします!

スポンサーリンク
原作を忠実に再現したゲーム! PSVR「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」プレイ感想レビューレポート
この記事をお届けした
段田商会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする