Macで外部USBカメラを有効化できなかった、認識しなかった時にやっておきたいこと

どうも段田です。

ただいまゲーム実況環境を絶賛新しくしている最中でして、撮影用のカメラをMacBook Proに内蔵しているiSightカメラからLogicoolのC922という外部のUSBカメラに変更しようとしたのですが、
MacBook Pro側で外部のUSBカメラを認識してくれず、ちょっと設定に手間取ったので、今回は対応した内容を備忘録で残しておきたいと思います。

AAスポンサーリンク

Mac特有の現象?

ググってみると、どうやらMacでは外部のカメラは認識してくれないということが多そうです。

そんな中ここの質問スレッドに気になる記載

返信ありがとうございます。
その後、いろいろと友人とかに尋ねると、camtwistというソフトがあるということで、さっそくダウンロードをしたらさくさく切り替えられるようなりました。
お世話をおかけしました。申し訳ありません。

このCamTwistというソフトで解決したという記述があったので、
さっそく試してみました。

CamTwistで解決しました。

結果から言ってしまうとCamTwistを使ってUSBカメラを認識させることが出来ました。

なので、CamTwistの導入からUSBカメラの認識までを紹介したいと思います。

CamTwistのダウンロードとインストール

CamTwistサイトからソフトをダウンロードします。
ファイルはOSのバージョンで2種類ありますので、自身のMacのOSを確認した上でダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルをクリックするとインストーラが立ち上がるので、そのままポチポチ進めてインストールを済ませます。

起動からカメラの設定

インストールしたらソフトを起動させます。

起動時の画面はこのようになっていて、Step1のSelect a video sourceの「Webcam」項目を選択すると内蔵のiSightカメラの他に
PCに接続しているWEBカメラも選択できるようになっています。

この後、カメラを使うソフトを立ち上げて確認してみました。
もともとiSightカメラで荒かった画質も・・・・

WEBカメラに切り替えることが出来たので、画質が良くなりました!

\(^o^)/やったー!

まとめ

というわけで、設定メモは以上になります。

Windowsと違って、Macは割りと変更に難があることに気づくことができ、勉強になりました!

今後もゲーム実況で学んだことはアウトプットしていきたいなと思います。
また、今回購入したWEBカメラ「LogicoolのC922」のレビューもやりたいなと思います!

ではではー。

スポンサーリンク
Macで外部USBカメラを有効化できなかった、認識しなかった時にやっておきたいこと
この記事をお届けした
段田商会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする