段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第0回 「体験版のクオリティ高スギィ」 

CAPCOM公式サイトより引用
CAPCOM公式サイトより引用

どうも段田です。
前回話した通り、ゲーム実況を始めます!

まずは1つのゲームをじっくりやろうということで、
チョイスしたのは「バイオハザード7」です。

段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第0回 「体験版のクオリティ高スギィ」 
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第1回 「レディの扱い方について」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第2回 「小学生の頃におっさんに追い掛け回されたトラウマが蘇った」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第3回 「ベイカーの親父=フェニックス一輝 説」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第4回 「意外と美白なマーガレット編」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第5回 「あたしってほんとバカ」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第6回 「ジャックベイカーが倒せない」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第7回 「初めての生配信でジャックベイカーに挑む」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第8回 「旧館怖い」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第9回 「段田無能すぎワロタ」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第10回 「マーガレットセクシー動画集」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第11回 「警告!ビデオは見たら長くなる」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第12回 「すごーい!ルーカスは年季の入ったTE◯GAフレンズなんだね!」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第13回 「生配信でクリアまで やりきったゼーット!」
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第14回 DLC「21」 負けてしまったよ・・・
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第15回 DLC「ベッドルーム」 ババアとイチャイチャタクティクス
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第16回 DLC「daughters」 家族愛が見れる唯一のDLC ※ルーカスは除く
段田のゲーム実況 PSVRでバイオハザード7 第17回 DLC「ナイトメア」段田は本当何やってもダメ

AAスポンサーリンク

バイオハザード7について

ざっくりバイオハザード7の説明です。

発売日:2017年1月26日発売
機種:PlayStation 4(PSVR対応)、Xbox One、PC(Steam)
販売:カプコン

前作『バイオハザード6』からおよそ4年ぶりにリリースされたバイオハザード20周年記念作品。
従来の三人称視点シューティングゲーム(TPS)から主観視点の「アイソレートビュー」(FPS)へ変更され、本作のために開発されたフォトリアルな新しいゲームエンジン「REエンジン」を搭載している。
PlayStation VRにも完全対応しており、360度見渡してのプレイが可能。
wikipediaより

すべては“恐怖”のために。新生したバイオハザード。新たなエンジン“RE ENGINE”と、新たな視点“アイソレートビュー”が、プレイヤーに圧倒的かつ未知の恐怖体験を提供する。

ホラーゲームといえばバイオハザードですね!
最近映画は完結しましたが、ゲームはまだまだ続いていますし、進化が止まりません!

バイオハザード7は「恐怖」をテーマにし、そのために今までのシステムをやめ、再構築しました。
その上でPSVRをつかったVR対応など恐怖への追求をしています。

ゲーム実況しました

というわけでゲーム実況したのですが、最初は本編の前のストーリーになる体験版「BEGINNING HOUR」をやりました。

体験版もPSVRに対応しているので、まだ未開封だったPSVR(笑)を開封して操作に慣れるためにもやってみましたが、

一言

PSVR凄え!

ゲームが始まった瞬間、廃墟の中の一室から始まるのですが、PSVRだと本当にそこにいるような感覚です。
臨場感が半端じゃないです。

ゲームした後、動画を見返したのですが、PSVRで見たゲーム画面をそのまま表示できていません。
それは難しいと思うのでしょうがないのですが、VRの良さを伝えきれないのはすごくもどかしいなと思いました。

人間が普段動作することを再現でき、視点はFPSなので、人間と同じ視点で見えますし、
頭を左右に振り返ればちゃんと視点は移動しますし、
ヘッドフォンから流れてくる音や声は実際に後ろの方から聞こえてくるような感覚が体験できます。

ゲーム内で風呂場・トイレに行ったとき、浴槽とトイレに血が溜まっているのですが、
本当に血が貯まっているような感覚になり、実況しながらその時は禍々しい気持ちになりました。

一番驚いたのはハシゴで下に降りる時に視点を下に向けたときです。

本当に現実世界で高いところから下を見下ろした時のヒャッとした感覚になりました。

バイオハザードをやったときに「このゲームの世界で自分が居たら」一度は思うのですけど、
これはまさに自分がバイオハザードの世界にいます。

体験版の動画は既に他の人の動画で見ていたので、敵のクリーチャーが出てくるのはわかっていましたが、
動画で見る怖さとVRで目の当たりにする怖さは全然違いました。

コントローラーでキャラクターの視点を変えるのではなく、自分の体を使って振り返って視点を変え、敵の存在を認識するので、
本当にその場にいるような感覚に陥ります。

VRを使った恐怖表現は本当にすごいと思いました。
PSVRでやった場合と通常のプレイでは恐怖体験のレベルが違います。

なので、私はバイオハザード7をやるときはPSVRを使ってやることを勧めます。

PSVRも5万ぐらいですし、予算とかあると思うので、お財布と相談になると思いますけど・・・

そして、このバイオハザード7は今までのシリーズで出てきたクリス、レオン、ジル等の操作ではなく、新キャラクターで軍や警察の人間ではなく、一般人です。

今までのバイオハザードを考えた場合、これも新たな恐怖になっていると思います。

というのも、バイオハザードシリーズはSTARSという警察の特殊部隊に所属する人間が主人公で、
シリーズを重ねるごとに段々超人化していまして(笑)、ちょっとしたアクション映画におけるスティーブン・セガールのような安心感が出てきてしまうので、一般人でよかったなと思った次第です。

これはまさにCAPCOM、バイオハザードの渾身の力作と言って間違いないです。

最後に

今回は体験版のみですが、次回以降は本編を進めていきます。

今後は先にYouTubeに動画をアップして、その後今回みたいにブログにまとめる予定です。

なので、早く動画だけでも見たい方は下記のYouTubeチャンルでチャンネル登録をしてもらえればと思います。

フリー素材配布サイトの「ぱくたそ」でフリー素材モデルをやっている段田です! ネットの広告やブログの写真、テレビ番組、YouTubeではほんだのばいくさんやレペゼン地球さん等でフリー素材画像が使われていので、 もしかしたらどこかで私のことを見かけているかもしれません。

この後、まさに本編をやる予定なので、気長に待ってもらえればなと思います。

ではでは〜。