10分でできた!WordPressプラグイン使ってInstagramのギャラリーページを設置しました。

どうも段田です。

ブログは用意したもののブログ以外のページがないので、
なんとかしないとなーと思って、Instagram使ったギャラリーページを設置しました。

今回はWordPressのプラグインを使って、10分ぐらいで用意出来ました。
今日は導入手順を残しておきます。

【注意!】2016年6月1日からInstagram APIの仕様が変わったため、既にインストールしている方は
バージョン1.4.6以上にアップデートした後、アクセストークンを取得し直す必要があります。

Instagram APIの仕様変更については下記を。

AAスポンサーリンク

導入手順

前提としてInstagramのアカウントを開設済みとします。

ダウンロード

まずは「Instagram Feed」プラグインをダウンロードします。

instagramfeedplugins

Instagram Feed
https://ja.wordpress.org/plugins/instagram-feed/

もしくはWordPress管理画面のプラグインメニューからプラグイン新規追加画面にいきましょう。

インストール

次にインストールです。

ファイルをダウンロードした方

  1. ダウンロードしたらファイルを解凍し、pluginフォルダに設置する
  2. 管理画面のプラグインページから「Instagram Feed」を有効化にする

プラグイン新規追加画面からきた方

  1. 検索フォームに「Instagram Feed」を入力して検索
  2. 「Instagram Feed」が表示されるので、「いますぐインストール」をクリックする
  3. インストールが完了したら、プラグインを有効化にする

インストールはこれで完了です。

設定方法

インストールが完了すると管理画面の左メニューに「Instagram Feed」が追加されているので、
クリックをします。

token

「Log in and get my Access Token and User ID」と書かれている青いボタンをクリックすると、
Instagramにログインしていれば、自分のアカウントのAccess TokenとUser IDが表示されます。

これを直ぐ下にあるテキストフォームにコピペして変更を保存ボタンを押して設定は完了です。

customize

こちらはカスタマイズページです。
ヘッダー・フッターのデザイン調整、表示件数などを調整できます。
ここで気になったのが有料版も用意されていて、こっちだとモーダルで表示してくれるんですね。

欲しいなあ・・・・・39ドルかあ・・・・・

shortcode

Display Your Feedのタブをクリックするとショートコードが用意されています。
これを記事本文内や固定ページの中に入れておくと

はい、こんな感じで表示されます。

このプラグインの注意点として、API側の仕様で
一時間に5000アクセスまで表示なので、PV多めのサイトでは利用に注意して下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?
プラグインだけで結構さくさくっと表示することが出来ました。
興味ある方は試しに使ってみてください。

このサイト内も下記ページでInstagramを表示させています。

Instagramページ

良かったら見ていただけると!

あ、Instagramアカウントはこちらになりますー!
良かったらフォローして下さいー。

146 Followers, 150 Following, 239 Posts - See Instagram photos and videos from 段田 隼人 (@danda_debu)

できる100の新法則 Instagramマーケティング できる100の新法則シリーズ
インプレス (2016-03-18)
売り上げランキング: 6,513
スポンサーリンク
10分でできた!WordPressプラグイン使ってInstagramのギャラリーページを設置しました。
この記事をお届けした
段田商会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする