【加筆あり】Instagram APIが6月から仕様変更で申請制になりました。

※2016年6月6日 一部加筆しています。また、わかったことあれば都度加筆していきます。

Instagram APIが2016年6月1日にバージョンが変わり仕様が変更になりました。

下記のサイトを見ると
https://gist.github.com/hommaam/c8e2c3e4256971e30507

2016年6月1日からInstagram APIは従来の登録制から申請制になったそうです。

既にInstagram APIを利用していて、申請が出来ていない場合、Instagram APIの実行ができなくなっている可能性があります。

AAスポンサーリンク

影響が半端じゃない

この段田商会も仕様変更の煽りを受けています。
WordPressプラグイン「Instagram Feed」プラグインを使っていて、Instagram Feedプラグインは内部でInstagram API使っているため、instagramページプラグインの説明記事で影響を受け、下記の画像の通り、表示ができなくなってました。

※2016年6月6日 Instagram Feedプラグインはプラグインのアップデート後、アクセストークンを取り直すことで表示することができました。

Instagramfeed

僕のはまだ生易しいレベルで、
これ受託案件でサイトにInstagram API導入していて、申請が出来ていない・申請が下りない場合は、
クライアントからゴルァ!!って言われるでしょうし、
Instagram連携をメインにしているWEBサービスやスマホアプリは致命的ですよね。

先日Instagramがバージョン7.2にアップデートされましたが、アイコンやUIの変更だけでは無く、APIの変更も行われていたことがIFTTT公式ブログにより明らかになりました。今回のAPI変更に伴い、IFTTT公式ブログは“...

こちら見るとIFTTTは一部Instagramのレシピを停止したそうです。

Facebookが独自ウォールへユーザーを保持する対策の一環として、Facebookの保有するInstagra

FlipboardもInstagram連携がなくなりました。

色んな所で影響出ていますね。

まとめ

影響は出てますが、ちゃんと申請して通れば、利用が可能になります。
が、その申請もかなり厳しいそうです。

2016年6月6日 加筆

サンドボックスモードを使えば、制限がありますが、利用できるケースも有ります。

制限は1時間500アクセスまで、10ユーザーかつ20メディアまでだそうです。

>Apps in sandbox are restricted to 10 users
>Data is restricted to the 10 users and the 20 most recent media from each of those users
>Reduced API rate limits

当サイトでのInstagram連携は別の手段を考えて、同等の機能を導入できたらと思います。

もちろん、申請通ればそのままInstagram APIを使います。

こういうAPIの方針変更、終了などはよくあることなので、割り切っていきたいと思います。

チクショー

※2016年6月6日 Instagram Feedプラグインはプラグインのアップデート後、アクセストークンを取り直すことで表示することができました。

できる100の新法則 Instagramマーケティング できる100の新法則シリーズ
インプレス (2016-03-18)
売り上げランキング: 6,513
スポンサーリンク
【加筆あり】Instagram APIが6月から仕様変更で申請制になりました。
この記事をお届けした
段田商会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする