締めの雑炊まで美味しくいただけるカレーうどん 東京都墨田区錦糸町「カレーうどん 千吉」

どうも段田です。

今日は錦糸町に来ています。
食べに行きたいお店が錦糸町だったので、来てみたのですが、

 

潰れてた

 

予期せぬ出来事に肩を落としていたのですが、
途中でいい匂いするお店があったので、今日はそこで食べることにしました。

AAスポンサーリンク
目次

いい匂いの正体は「カレーうどん 千吉」

いい匂いがするお店の正体はここでした「カレーうどん 千吉」
お店の近くからスパイシーな匂いと揚げ物の匂いが漂ってきて颯爽と中に入りました。

ちなみにカレーうどん 千吉は牛丼の吉野家の関連会社です。(豆知識)

席に通されて、水と紙エプロン。
店内はシンプルで明るく綺麗でした。

見上げると社訓的なのがありました。

つまり要約すると打投極ということですね(適当)

程なくしてカレーうどんが出てきました。

千吉カレーうどん トッピングで海老フライと揚げ サラダと御飯のセットです。

少しアップで撮りました。
見た感じはクリーミーな感じがしますね。

カレースープは想像通りクリーミー。なんとなく和風な味付けですね。
程よく辛いので一気に食べ進められます。
激辛ではないので、辛さを求める人は注文時に辛さ調整が必要かもですね。
うどん自体はやや硬めでクリーミーなカレースープにすごく合います。

トッピングの揚げ餅です。
私はうどんのトッピングの最高峰は「餅」と思っています。
そう、餅至上主義者なのです。

なので、うどんの時は高確率で餅を入れます。

なお、この揚げ餅は4つで120円と他のトッピングの量と値段から見ても独走していると思います。

揚げ餅は表面はサクサクで中の餅はもっちりでこれがカレースープに合い、
カレーうどん全体にさらなるボリューム感をもたらします。

そして、海老フライ。
うどんにトッピングで海老フライは珍しいなあと思って頼んでみました。

注文してから揚げられているので外の衣がサクサクで海老はプリプリ、
衣と海老の間の衣はジュクっとしていて、これが外の衣とは対照的でたまらない。
噛んで出てくる海老の汁がこれまたカレースープに合って、
うん、海老フライも最高峰のトッピングですな!

海老フライの後半戦はカレースープに暫く浸します。
衣にカレーが浸透したのをはかって、口の中に運びます。
カレーと海老フライで揚げた油がいい感じに混じって尚且つ海老の汁が更に混じって
口の中で一つの料理として完成されました。

個人的にカレーに海老フライはそこまで刺さらないんですけど、
カレーうどんに海老フライはこれチャンピオンベルト獲れるね、
それぐらい心に刺さりました。

というわけでカレーうどんを平らげたのですが

まだご飯が残っています。これを・・・

カレーに投入して

 

カレーうどんの締めにご飯投入で雑炊

段田 隼人さん(@danda_debu)が投稿した動画 –

 

混ぜます!

カレー雑炊の出来上がりです!

千吉では最初にカレーうどんを食べて、締めにご飯を入れて雑炊にして食べるスタイルなのだそうです。
すごく美味しく頂けたのですが、食べている途中でチーズをトッピングで頼んで入れておけばよかったって思いました。

みなさん、千吉で雑炊する時はチーズ忘れないように!(涙)

そんなわけで見事完食です。ごちそうさまでした!!

 

カレーうどん 千吉 錦糸町店
アクセス:JR錦糸町 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線錦糸町駅徒歩 2分
住所:東京都墨田区江東橋3-10-7 錦糸町107ビル
URL:公式サイト 食べログ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる