僕はえびになった!松岡修造が唸ったえびそば 東京都新宿区西新宿「えびそば 一幻」

どうも段田です。
2015年12月。一昨年のことになるんですけど、当時の出向先が新宿だったのですが、
そこで有名な「えびそば 一幻」に行ってきたのですが、まだブログに書けていなかったので、
書きたいと思います。

AAスポンサーリンク
目次

新宿の行列店 一幻

今回訪れたのは「えびそば 一幻」
北海道・札幌に本店があり、甘エビを煮込んで作ったスープのラーメンを出していて、
本店・支店含め、いつも行列ができています。
上海、台湾にも出店していて、カップ麺も出ているラーメン有名店です。

えびそば一幻
えびそば一幻 紅い甘エビの旨味と風味を凝縮した渾身の一杯。それが、一幻の「えびそば」。

到着したときには10人ぐらい列ができていて、15分ぐらいで中にはいれました。

中に入って券売機で券を買ったら、
中で更に列ができていました。
そうだよね、有名店だもの。

待っている間に店内を見ていると壁一面に芸能人のサインが貼られていました。

とても綺麗に貼られてて、一瞬ネプチューンマンのマスクコレクションかと錯覚しました。
嘘です。

実食です。

着席して5分後、注文のラーメンがやってきました。
ラーメンの種類はえびしょうゆ、えびしお、えびみそとあるのですが、私はえびみそを選択しました。

だって、味噌は裏切らないから

海老スープの濃さがそのまま、ほどほど、あじわいの3種類から選べます。
これはほどほど、あじわいといくほど豚骨が足されるそうです。
僕はそのままで頼みました。

実際スープをすすった瞬間、海老の旨味が海老独特の香ばしさが口の中に広がり、
後から味噌のコクが追ってきます。

なるほど、海老だしのお店は何件か通ってますけども、海老の美味しさは一歩抜き出ていると思います。
有名店になるのは納得です。

麺は細麺と太麺から選べます。
この麺が選択ができることは店内に入って知ったのですが、太麺が合うと思い、太麺を選択しました。

ちなみに麺ですが、スープの絡みがよく、味噌の味にマッチしていて、もっちり食べごたえがあって美味しかったです。
で、食べてみてこのスープは細麺合うのかな?という思いがめぐってきたわけで、細麺だとどんな感じになるのか次回来た時に試してみたいと思います。

これは海老の粉末でした。甘えびの頭を焼いて粉末状にしたものだそうです。
混ぜてスープを飲んでみるとスープとは違った海老の味にちょっと焦がした苦味が広がって、
口がスープに慣れてきた時に味を変えるのに良かったです。

これは後半に混ぜるのがベストですね。

まとめ

というわけで美味しく頂いたわけですが、
改めて飾られた色紙を見てみると・・・

あの松岡修造のサインが・・・・!!!!

 

僕はえびになった!

 

やはり持っているものが違いますね・・・脱帽です・・・

 

えびそば 一幻
アクセス:都営大江戸線、東京メトロ丸の内線 新宿駅 徒歩2分
西武新宿線 西武新宿駅(南口) 徒歩6分
JR 新宿駅(西口) 徒歩6分
西武新宿駅から200m
住所:東京都新宿区西新宿7丁目8−2 福八ビル
URL:公式サイト 食べログ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる